エンジンをかけてキーを放すタイミング

車雑学

エンジンをかけてキーを放すタイミング

エンジン音を聞いてかかったのがわかったら手を放す

新型車のエンジンはかけやすくなっています

最新の車は、ブレーキペダルを踏んだまま丸いスタート・ストップスイッチを1回押すだけで自動的にエンジンがかかります。

車に乗り込んでエンジンをかけるときに、キーがポケットの中などにあればエンジンはかかります。

ブレーキペダルを踏まずにエンジンをかけようとすると、スイッチがオンとオフを繰り返すだけでエンジンはかかりません。

MT(マニュアル・トランスミッション)車の場合は、クラッチペダルを同時に踏んでかける。

○古い車はエンジンのかけ方で腕がわかる

キーをさして回すというクラシックタイプの車は、ブレーキペダルを踏んでエンジンをかけるのが基本になります。

ブレーキペダルを踏まないとかからないタイプになってからも久しい。

キーを回すタイプでも1回ひねるだけで自動的にかかるものもあるが、旧タイプではキーをひねり、早く戻しすぎるとエンジンがかからない車もあります。

また、キーをひねりっぱなしにすると、スターターモーターがエンジンに回されて異音を発します。

エンジンがかかった音を聞いて素早くキーをはなせば、最初はモーター音でその後は純粋にエンジン音だけで余計な音がしません。

これでドライバーの技量がわかります。エンジンがかかったあとは、タコメーターの針の位置を確認して、警告灯もチェックしておきましょう。


1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ